ナイトワーカーがお部屋探しをする際のコツ

水商売の方は物件のオーナーからあまり良い印象がない場合が多く契約しづらいと言われています。
その理由としてあるのが家賃を滞納する可能性がある、活動時間等で近所とのトラブルが発生する可能性がある、部屋を綺麗に使ってくれない可能性がある、もしもの時に連絡が取り辛いといった事が挙げられます。
こういったなかで水商売の方がお部屋探しをする時にどんな所に注意をしたら良いのでしょうか。

当然ですが保証人なしの物件を借りる場合は十分に注意してください。
保証人なし物件は初期費用や家賃が通常のものより高く設定されている場合が多いです。

お部屋探しのコツとしてあるのが水商売に強い仲介会社を探して、そこを通して契約するのが一番です。
一般会社員より安定した収入がないため家賃の滞納を恐れて契約がし辛いという傾向があるため保証人を求められますが、保証人を立てるのが難しいケースが多いですし、保証人なしの物件は条件が厳しいです。

保証人なし物件は住んでいる方は毎月の支払いが大きく安心感があまりないので、水商売の方を応援してくれる仲介会社を探して、安心して住める物件を探してもらったり、対応してもらったりするのが良いでしょう。
専門の仲介会社はさまざまな経験やケースを知っていますので、どんな場面でも対応してくれますから安心感が違います。

専門の仲介会社に依頼した上で重要になるお部屋探しのコツですが、初期費用、間取り、駅からの距離、築年数を考えて選んでください。
また何を重視するかの優先順位を決める事が大切であり、通勤するための駅からの距離、家賃の安さ、部屋の広さ等で考える方が多いです。

部屋を見学する時は部屋のレイアウトがイメージ通りか、水回りや収納の広さの確認などを見て行きます。
水商売は生活時間が一般の方と違いますので日中の騒音はどうなっているのかはとても大事で騒音が大きいと睡眠の邪魔になってしまいます。
駅からの距離や近くにコンビニかあるかどうかも治安や衛生面で重要となります。

業者は多くのデータベースから職業などを考えて適している物件を紹介してくれるのですが、フリーターやアルバイトの方も含めて紹介してくれる物件は似たような所が多いです。
特別な拘りがなければ良い条件を提示してくれますので、それが自分に合っているかどうかを考えて決断する事が大事になります。
インターネットからでも物件を探す事ができますが優良な仲介会社も多いですから専門の業者に任せてしまうのが良いかもしれません。

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*