ナイトワーカーが審査に通るポイント!

ホストやキャバ嬢などの水商売の人は、どれだけたくさん稼いでいてもクレジットカードの審査やマンションの審査などには通りづらいです。毎月100万円以上稼いでいるような売れっ子でもなかな通らないこともあります。クレジットカードの審査は最近は学生やフリーターでも通るようになってきているので落ちることも減ってきましたが、マンションなどの不動産の審査はまだまだ厳しいです。水商売の人がマンションを借りたり、購入したい時にはいくつかのポイントを守れば比較的通りやすくなります。

まず1つ目が、勤め先が会社化されている場合は非常に通りやすいです。最近は大手の店舗だとチェーン化するために会社化しているところも珍しくありません。そういったところだと保険やボーナスなどは一般企業のようになかったとしても、普通の会社員のように取り扱ってくれる場合もあります。また、最近増えている派遣会社に登録してキャバ嬢やホストとして働く場合も派遣会社の社員ということになるので会社員として扱われます。効率よく、あまり人間関係にも悩まずに働けるというメリットもあるので派遣会社に登録して水商売をするのはおすすめです。

次に、水商売の人が多い地域の不動産屋さんに行くのもポイントです。例えば新宿の歌舞伎町では多くの水商売の店舗があり、それに携わる人が住んでいる場所なので不動産屋さんもそういった人向けのサービスを展開しているところもあります。いわゆるキャバ嬢専用の不動産屋さんといった感じです。こういったところだとどういった仕事かというのがある程度理解されていますし、そこのスタッフももともとお水だったということも多いので全体的に理解があります。ただし、いつかお給料がかなり下がってしまうかもしれないというリスクがあるので手数料などは一般よりも高く設定されている場合が多いです。ただ、やはり快適に契約ができるため人気があります。

最後に、もしキャバ嬢やホストをアルバイトの傍ら副業としてしている場合にはアルバイトの方の情報を申請するようにしましょう。あまり収入が高くなかったとしても、キャバ嬢の仕事よりもカフェでアルバイトしている方が安定していると判断されるのです。やはりある程度の収入は審査上必要にはなりますが、アルバイトもしているという人はそちらを申請時に使ってみましょう。なかなか苦労することが多いですが、スムーズにいく方法で審査にチャレンジしましょう。

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*