ナイトワーカーの初期費用は高いのか?

職業が水商売やフリーターやアルバイトの方で、なかなか賃貸物件が借りられないと悩んでいる方、実は結構多いです。なぜなら、水商売のような職業の方は、賃貸物件側の審査の段階で落ちてしまうからです。そんなお悩みを持っている水商売をやられている方は、審査が簡単な物件を選ぶ事をおすすめします。

審査が簡単かどうかは、物件の入居者募集事項に、水商売可能や、風俗勤務可能、アルバイト可能、フリータ可能等と明記してあるので、そういった物件が狙い目です。また、物件案内の注記や図面の片隅に、風俗勤務可といった記載がある場合もあるので、こちらの物件も狙い目の物件になります。こういった物件は、繁華街に多いので、繁華街近くの物件から見ていくことが、お勧めの方法です。

審査が簡単と言っても、審査はやはりあるので、申し込み後は審査待ちの時間が生じます。この審査は、簡易的な審査ですが、虚偽の記載等があると審査が通らないことがあります。風俗勤務であっても仕事を詐称したり、職業を偽って申し込むことが無いように、正直に自分の職業で申し込むことが大事です。なぜなら、こういった職業の偽装は、後々の収入証明書の提出ですぐにバレてしまうからです。賃貸物件の審査には、1日から2日間ほどかかるケースがほとんどです。正直に書いて申し込んだら、後は待つだけです。

審査が2日~4日と日にちが経過してもなかなか結果の連絡が無いと心配になる方も多いですが、実は、審査が上手く通過しているケースがほとんどなので、あまり焦らない姿勢で待つことも大事です。もし審査に、2件、3件と落ちてしまうようであれば、なぜ落ちたのか分析して、再度チャレンジすることが大事です。かならず、自分にあった物件が見つかります。入居時の初期費用ですが、水商売だからと言って2倍や3倍と格段に高くなることはないですが、若干高めになっています。初期費用は、物件や不動産会社によってバラバラな金額設定になっています。当月分の家賃だけであったり、3ヶ月分の家賃であったり、仲介手数料が加味されたり、保証会社に支払うお金の割合であったりと様々です。この保証会社に支払う金額が、一般のOLだと50%なのが、風俗勤務の方だと100%支払うこともあるので若干、高くなる傾向にあります。風俗勤務の方は、入居までも大変ですが、入居後も落ち着いた生活であまり目立たないで、うまく近所付き合いをした方が、長く住む事ができるのでお勧めです。

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*