ナイトワーカーは方はどうしてお部屋を借りづらいのか?

水商売を始める女性、そして若い男性が増えてきました。まだまだ日本経済は先行きが不透明であり、有り体に言えば、地方の街の景気はあまり芳しくありません。出稼ぎに都会の街に出かけられる人々もいらっしゃいます。また個人的な事情でお金が必要となり、水商売を始める人々もいらっしゃいます。歓楽街でのお仕事は少し変わったものが多いです。しかし、その代わりとして圧倒的な高報酬がゲット出来ます。

高報酬がゲットでき、なおかつ自由な形で勤務出来る、加えて日当制を採用しているお店が多いです。そのため、あっという間にまとまった額の現金が得られ、普通にフリーターとしてアルバイトするよりも断然、効率的です。ただし、出稼ぎに行く上で、少し困るポイントもあります。普通のフリーターの方だと比較的簡単に賃貸物件に入居出来ますが、水商売の男女はお家が上手く借りられません。

全ての不動産サービスで断られる事はありませんが、職業柄、賃貸物件を申し込もうとすれば、相手から敬遠されてしまったり、厳しく入居を断られるケースが存在します。

一体なぜ水商売の男女はお部屋を借りづらいのでしょうか。理由はいくつかあります。一つ目の理由として、まず職業的な特徴があり、歓楽街でのお仕事は収入が不安定という点です。本人がいくら真面目に働いていても、大家さんや不動産会社の方からは、非常に不安定で経済的に信頼が置けない人々という見方がされてしまっています。

事実、キャバクラやスナック、風俗店などで勤務なさる方々は時期によってお給料が上下しやすい側面があり、普通のアルバイトのフリーターよりも、確かに収入が安定しません。また古風な考え方を持つ年配の大家さんなどは、風紀が乱れるという理由から、水商売の男女の入居を断ります。キャバクラ勤務の女性や風俗嬢が入居すると、トラブルの原因になる、という見方からお部屋を貸さない、という人々が一部にいらっしゃいます。

キャバクラ嬢や風俗嬢、そして風俗店勤務の男性スタッフなどは、立派な職業です。それこそ大多数の方が真面目に勤務しており、家賃も誠実に支払っていますし、他の住民とのトラブルを起こしたりはしていません。しかし、年配の方を中心に、どこかアンダーグラウンドな世界で働くトラブルメーカーの人々、という偏見の目で見ている方々がいるのも事実です。

水商売 部屋探し

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*